2007年11月01日

守門岳

先週の日曜日、大原登山口から守門岳に登ってきました。
守門岳1500m位の山です。

紅葉はこんな感じ。
071101~01.JPG

毎年、キノコがたくさん採れるらしいのですが、今年は暑い日が遅くまで続き雨が少なくキノコが不作の年のようです。
採れたキノコは「キクラゲ」だけでした。
071101~031.JPG

山頂でキクラゲ入りのお味噌汁を作って食べました。
新鮮な空気と共に味わうキノコ汁。美味しかったです。
071101~021.JPG

キノコ汁.jpg

番外編
民宿大原の岩魚
岩魚.jpg

囲炉裏で焼き立てをいただきます。
これがまた美味し〜い。
大原のお婆ちゃんも「今年はキノコが出ないんだのー」と言っていました。

by さくら
posted by 管理人 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年10月16日

白馬鑓温泉

昨年に引き続き今年も白馬鑓温泉に行ってきました。
紅葉はこんなです。
071015~01.JPG

温泉はこんな。
071015~02.JPG

足湯もあります。
071015~05.JPG

残念ながら満天の星は見れませんでしたが朝焼けは見事でした。
071015_~03.JPG

鑓温泉の小屋は9月30日で営業が終わりです。
この地帯は雪崩がおきるので小屋は全部解体します。
その廃材をヘリコプターが撤収しに来ました。
温泉に浸かりながらヘリコプターの風圧に耐えると言う奇妙な経験をしましたが、圧巻でしたよ。
071015~04.JPG

by さくら



posted by 管理人 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年10月11日

涸沢の紅葉

三連休に涸沢へ紅葉狩りに出かけてきました。
紅葉は6分くらいで少し早かったですが青空の元、気持ちの良い登山を楽しめました。
071011~04.JPG

ナナカマドが真っ赤に色づき青空によく映えています。
071011~01.JPG

体育の日の三連休が涸沢の一番混雑する日とあってテントもこのように花盛りです。
071011~02.JPG

満点の星空を堪能し目覚めると朝焼け。
071011~03.JPG

自然ってなんて素晴らしい。

by さくら
posted by 管理人 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年09月26日

西穂リベンジ

西穂高へ出かけてきました。
西穂高は今年のGWにチャレンジしたのですが、登れずに断念した山です。
今回はリベンジ登山です。

9月21日の深夜、新穂高の無料駐車場に到着。
ところが入り口に係員がいて「駐車場は満杯です」
耳を疑いました。
それでも何とか隙間に駐車し仮眠。

翌朝、始発のロープウェイに乗ろうと思っていましたが、既に満杯。
通常は30分間隔で運行するロープウェイもフル稼働で対応していました。

2100mまでロープウェイで楽々登ります。
ロープウェイの山頂駅から西穂高の山頂まで約3時間、とても怖い岩場も何とかクリアし無事登頂できました。
070926~02.jpg

西穂山荘は超混雑していて布団1枚に2.5人寝るそうです。
私達はテントを張ったのでゆったりと寝れましたよ。
北アルプスの紅葉はもう少しです。

登山の後はやっぱり温泉!
新穂高には無料の温泉があるのですが、残念ながら夕方4時までしかやっていません。
山でのんびりしていたら間に合わなかったので「深山荘」という旅館の露天風呂に行きました。
露天風呂は川原の脇にあり、もちろん混浴。
きもちよさそうですが、んー。。。。。ちょっと入る勇気なし。
女性専用のちまちまっとした露天風呂に入りました。
湯花が浮いている源泉掛け流しのいいお湯でした。

深山荘の前に掛かっているつり橋です。
ライトアップしてとても綺麗です。
070926~01.JPG

by さくら
posted by 管理人 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年08月28日

富士山

8月25日に富士山へ行ってきました。
前夜9時半ごろ新潟を出発し富士山駐車場へは午前3時頃到着。
ところが駐車場は前日の午後8時ごろから満杯で、2キロくらい離れた場所に車を停めてくれと。
富士スバルラインのマイカー通行規制が20日に解除になったこと、夏休みの終盤ということも混雑に拍車を掛けた要因でしょう。

午前4時半、まだ暗い中ヘッドライトを点けて歩き出し、7合目手前でご来光を拝みました。
070828~02.jpg
時間は5時過ぎです。

途中で富士山頂の気温が表記されていました。
8月25日 富士山頂 最低気温1℃  最高気温9℃

お天気は良かったですが涼しいのと湿気がなかったので大して汗もかかずに登れました。

頂上に着いたのは午前10時過ぎ。
070828~01.JPG
それからお鉢巡り。
富士山測候所のある最高点3776mで三角点にタッチ。

とにかく大勢の登山者で溢れていました。
そして国際色豊かでしたよ。
団体客を除けば3割程度が外国人ではないだろうか?

あと驚いたのは山頂で犬に会いました。
富士山はペット禁止ではなかったのですね。
下山時にも2匹のワンちゃんに会いました。
なーんだ、こんなんなら我が愛犬も連れてくれば良かったな・・・
と自宅に戻り愛犬に話し掛けると「ふん、知らない」って。
070828~03.JPG

by さくら
posted by 管理人 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年08月21日

ご来光

お盆休暇に中央アルプスへ出かけてきた。
ロープウェイで一気に2612mまで上る。
ロープウェイを降りた場所が千畳敷カール。
ここはキンポウゲ、リンドウ、キキョウなどが咲き乱れていて、観光客と登山者が入り乱れて超混雑していた。
ロープウェイの下りは2時間待ちになるかもしれないとアナウンスされている。
さすが、中央アルプスある。
私たちは下りのロープウェイは利用しないので心配することなく上を目指す。
見事に澄み切った青空が広がっていたのだが、山の天気は午前中だけ。

午後からはガスがかかり何も見えなくなってきた。
中央アルプス最高峰の木曽駒(2956m)からの眺望は明日の楽しみに取っておいて、宿泊先の山小屋へ。

翌朝、4時頃から山小屋に泊まっていた方達が身支度を始める。
私たちもつられて身支度をし木曽駒山頂へ向かう。
小屋からは5分と案内板に書いてあったが、起き掛けの体では10分くらい掛かったのではないだろうか。

頂上に着いて日の出を待つ。
午前5時、雲海に浮かぶ3000m級の山々の間から太陽が頭を出した。
歓声と、シャッターを切る音。
木曽駒ご来光.jpg

日が昇るにつれて空が青紫に変わっていく。
言葉に出来ないほど美しい。
足で高度を稼いだ人にだけ与えられるご褒美だ。

これだから、山はやめられない。

by さくら
posted by 管理人 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年08月08日

今時の山情報

先日、上高地から穂高岳を目指した。
台風の影響か残念ながら生憎の天候で登頂は諦めた。
自然相手なのでそんなことも仕方がない。
何にも写真がないので、山小屋(涸沢ヒュッテ)の食事などをご披露しましょう。
メニューは「メンチカツ&アジの柚子風味焼き&マカロニサラダ」美味しかったですよ。
070808.JPG
ご飯も味噌汁もお代わり自由です。

ところで、今回の山行でとても沢山の韓国人の方たちに会いました。
擦れ違う人の半数以上と言っても過言でないほど。
山では擦れ違うときに必ず言葉をかける。
「おはようございます」、「こんにちは」、「頑張ってください」、「ありがとうございます」ナドナド
最初は韓国の方と気付かず「こんにちは」と声を掛けると「アンニョンハシオー」と返ってきた。
「?」日本人と思っていたのでビックリ。

韓国からの登山客が多いことを証明するかのように、泊まった山小屋でも韓国語の案内板がでていた。
韓国では日本の登山ツアーを企画すると、あっという間に売切れてしまうとの情報も。

ふと、この韓国からの客人はいったい何処の空港を利用しているのか気になった。
新潟空港を利用してくれれば新潟も潤うのにね。

by さくら



posted by 管理人 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年07月26日

尾瀬情報

山の師匠から尾瀬のリアル情報がはいりました。

ニッコウキスゲは満開を迎えているそうです。
尾瀬にっこうきすげ.jpg

朱鷺の色に似ているということから「朱鷺草」という名前がついた可憐な花。
尾瀬朱鷺草.jpg

綿のようにフワフワとしていて気持ちよさそうなワタスゲ。
尾瀬ワタスゲ.jpg

いいな〜私も行きたいです。

by さくら
posted by 管理人 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年07月23日

紅葉?

週末は梅雨前線が日本列島に停滞しどーもすっきりしないお天気でしたが、柏崎地方
で雨による二次災害が起きなかったことは幸いでした。

地震の被害に会われた方には心からお見舞い申し上げます。

さて、すっきりしないお天気の中、曇り空ですんだ日曜日、愛犬を連れて奥胎内を散歩してきました。
奥胎内ヒュッテから大石山足の松尾根登山道入口までの往復1時間半くらい。
平坦な林道歩きの途中「紅葉?」と思われる真っ赤な葉っぱを発見しました。
070723~01.JPG
季節はまだ梅雨が明けていませんが・・・・・・
緑一面の木立の中でとても目立ちました。

途中「頼母木大橋(たもぎおおはし)」からは涼しげな滝を眺められました。
070723~02.JPG

久しぶりのお出かけを楽しんだ愛犬はこんな寝顔です(~o~)
070723~03.JPG

by さくら

posted by 管理人 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年07月09日

火打山情報

上越に住む山仲間から「火打山はハクサンコザクラが咲く季節が最高」と言われ続け、まだ一度も見たことがなかったので、先週末出かけてきました。

ちょうど一ヶ月前にも登ったのですが、その時に一面の雪野原だった高谷池がハクサンコザクラ(白山小桜)に囲まれていました。
その中で一輪だけ白いハクサンコザクラを見つけました。多分珍しいのだと思います。
火打ちハクサンコザクラ.jpg
私は初めて見ました。

この季節、山は高山植物が咲き乱れていて紹介しきれません。
その中の、一枚キヌガサソウ(衣笠草)です。
ハクサンコザクラに負けずに群生していました。
火打ち衣笠草.jpg

高谷池から山頂への道はミヤマキンポウゲやコバイケソウが見事でしたよ。
火打ミヤマキンポウゲ.JPG


山頂でまた雷鳥に会えました。
今度はペアで。
火打ち雷鳥.jpg
一ヶ月前より羽の色が茶色くなっていますね。
火打ち雷鳥1.jpg

雪は少しだけ残っていました。

火打山のハクサンコザクラは有名で、北九州からのハイカーにもお会いしました。

by さくら


posted by 管理人 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年06月27日

早池峰情報

6月24日に岩手県の早池峰山(1917m)に行ってきました。
早池峰.jpg

早池峰は高山植物が咲き乱れる花の百名山でもあるため登山客が多くマイカー規制がかかっていました。

河原坊コースは、とにかく花・華・ハナ
ダニウツギ、チングルマ、チドリ、オダマキ、タカネスミレ、シナノキンバイ、ナンブイヌナズナ、アズマギク、イワウメ、イワベンケイ、ヒメコザクラ・・・・ナドナド
興味のある人たちにはたまらないと思います。

沢山紹介したいのですが限りもありますし、早池峰固有のハヤチネウスユキソウ(5分咲?)と珍しい白のシオガマを見つけたのでご紹介します。
早池峰(ウスユキソウ).jpg
↑ ウスユキソウ

早池峰シオガマ(白).jpg
↑ シオガマ(白)

通常のシオガマはピンクです。
早池峰シオガマ(赤).jpg

3時間の登りもこんな可憐な花たちを愛でながらですと、本当に辛くないです。

小田越コースを下山しましたが、こちらのイワウメの大群生も見事でした。
コバイケソウは未だでしたよ。

by さくら


posted by 管理人 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報

2007年06月20日

鳥海山情報

先週末は天気予報が良い方に変わり、絶好のアウトドア日より。
日曜日に鳥海山(2236m)を登ってきました。
鉾立て登山道入口では、かわいらしいお地蔵様がエコを訴えていました。
070620~01.JPG

五合目にある「鳥の海」という湖はまだ凍っていましたが、御田ケ原付近はハクサンイチゲやミヤマキンバイが盛りでした。この辺はニッコウキスゲの群生地でもあるとのことで、固い蕾もチラホラ見受けられました。
070620~03.jpg
↑ハクサンイチゲ

五合目まではハイキング程度の登りです。
登山をしない方もニッコウキスゲの群生に会いに行けますよ。

頂上へのアプローチは、雪渓歩きですが頂上には雪はなく、ツガザクラやアオノツガザクラが咲き誇っていました。
070620~02.jpg

山頂手前の山小屋では、荷揚げが行われていてヘリコプターが何度も飛んできていました。

夏山準備が進む鳥海山です。

by さくら
posted by 管理人 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 山情報