2008年03月06日

ゴミは自分で始末しましょう

ゴミを責任をもって自分で始末するなんて、なんとも当たり前のことなのですが。

最近、こんなニュースが新聞に載ってました。
ドイツの警察犬の足の保護のために靴を履かせることになったとのことですが、警察犬のような危険な所を歩くのであればしょうがないと思います。
怪我をしてはかわいそうですし、それで回避できるのならばと思います。
でも普段履いていない物を履かされる犬もかわいそうですよね。

先日、犬の散歩をしていたら、我が家の近くの道路にもビール瓶が粉々に割られて飛び散ってました。
居酒屋があるではなく、普通の住宅地です。何故こんなことになっているのだろう?!と思っていたら、ちょうどその後にこのニュースが出ました。
酔っ払ってということなのでしょうが、それで片付けられることではありません。

瓶だけではありません。自分の車や、自分のまわりを汚さないために、ゴミを道に捨てる。
最近、粗大ゴミを人目につかない高速道路の下などに放置していくというのも多いらしいです。
あとビニール傘の放置。「安いからその辺に捨てちゃえ」と簡単に出来るんですよね。捨てることに何の問題も感じない。
特に多いのはタバコ。携帯灰皿を持たず、ぽいっと捨てることに罪の意識は全くない人がいます。
自分で始末できないのだったら、吸う権利なんてないと思います。

「いい大人なんだから教育は難しい」という話をよく聞きます。
であれば、大人がやっているこの行為は直せないということなのでしょうか?

ゴミを拾う人たちが増えても、ゴミを捨てる人が減らなければ終わりがありません。
どうしたらこういう人たちの意識改革ができるのでしょうね。

posted by 管理人 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2008年01月25日

郷土料理

沖縄に嫁いだ友達から沖縄の郷土料理を作ったとメールが来ました。
カーサムーチーという物だそうです。
沖縄では1月15日の小正月をムーチー(鬼餅)の日と言うそうです。

もち米に砂糖を混ぜて練って、月桃(げっとう)の葉で包んで蒸したものだそうです。
080125~02.JPG

笹団子の沖縄版のようなものとコメントありました。
この月桃の葉には抗菌防虫作用があるとか。
作った本人は笹団子の方が好きだな〜(^_^;)と言っていました。

郷土料理ではないのですが、新潟ではお目にかかることのない缶詰の写真も送られてきました。
こちらはポークランチョンミート(別名スパム)という豚肉の缶詰だそうです。
080125~01.JPG
ゴーヤーチャンプルにも入っていて、子供からおばあまでもが好きな食べ物だそうです。

郷土にあったいろいろな食べ物がありますね!

by さくら





posted by 管理人 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年12月10日

冬の交通事故防止運動

明日12月11日(火)〜20日(木)まで平成19年冬の交通事故防止運動です。
飲酒運転の根絶
高齢者の交通事故防止

が今回の重点事項です。

飲酒運転がいろいろな所で問題になっていますが、管理人は飲酒運転事故の被害者=殺人の被害者だと思っています。
お酒を飲んで大丈夫なんて絶対にありえない。
少しでも飲んだら乗るな!!
です。
ニュースを見ていると、まだまだ罰則が甘いような気がします。
これから忘年会や新年会の季節。一人一人の気持ちやマナーの問題だと思います。
飲酒運転がなくなればいいですよね。

《余談》
マナーといえば、
先日、運転免許の更新に行って来ました。
私は視力が悪いので、視力検査に落ちないか不安なのでコンタクトレンズをはめて準備万端にしていくのですが、私の後ろの方の視力検査でのこと。
右、左、両目とやってもどうも検査の物が見えないらしい。
検査員の方が「う〜ん・・・、見えないの?」と聞くと、その方
「あ、普段コンタクトをはめているけど、今日ははめていません」
検査員「・・・、あちらで待っててくれる?」
この適正検査に通らないともちろん更新はできません。

免許に眼鏡使用と記載されていて、運転する時にかけてない方。
これもマナー違反だと思います。
運転は万全の状態でしたいですね。

071210.jpg
posted by 管理人 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年12月03日

チャンネルがたくさん

12月1日に3つの新チャンネルが開設されました。

スター・チャンネルハイビジョン
BS11デジタル
TwellV(BS12)

スターチャンネルは有料、他は無料です。
スターチャンネルは1、2日と無料放送をしていたので、ちょっと見たら少し前の映画をやっていました。おっ、これから新しい映画が・・・と思ったら、ゴールデンタイムは有料放送に切り替わってしまいました(苦笑)

毎日新聞社やビックカメラなどが出資するBS11は「上質な大人向け放送局」をコンセプトにしているそうです。
三井物産出資のTwellVは「良質・健全・プレミアム感」がコンセプト。

一応、全部まわってみましたが、一時見ただけではコンセプトはわかりませんでした(笑)

チャンネルが多くなるのはうれしいのですが、新聞のテレビ欄は地上波と+BSしか載っていないので、なかなか自分の見たい番組を見つけるのが難しくなってきてます。
直近の時間のものはテレビの番組情報で確認できるものの、その他はインターネットで各放送局のサイトに行かないとわからない状況。
ずっとこのままではないとは思いますが、2011年までは新聞のテレビ欄の変更されないのでしょうか。
有料放送でもBSチャンネルのものは新聞に載ってるけど、CSは載らない。
これっておかしいと思います。

やっぱりテレビは見たい時に「今は何をやってる?!」と新聞を見てぱっとわかる方がいいですよね。
新聞会社にとっては大きな課題なんじゃないかなぁ。チャンネルが多すぎて不可能かしら?!



posted by 管理人 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年10月18日

裁判員制度

平成21年5月までにスタートされる予定の裁判員制度の理解を得ようと、昨夜、新潟地裁で裁判所見学ナイトツアーが行われました。
20071018~02.jpg

普段は見られない裁判所の中を見れるということで、管理人は行って来ました。
この時だけは撮影もOKということで、裁判席に座って写真を撮る親子連れ、OLさんたちと沢山の方が見学に来ていました。

少数のグループで法廷を見学出来たので、説明もちゃんと聞けたし、質問もできました。
法服も試着できました。最近まで素材もシルクだったそうですが、コストの関係で段々ポリエステルに替わってきているという裏話も聞けました。

裁判員制度に関する小冊子ももらいました。
20071018~01.jpg

まだまだ身近には感じられないことですが、もしかしたら自分のところにも来るかもしれないことなので、少しは制度のことを勉強をしておかなきゃなんて思いました。

それにしても子供の頃に戻ったように、ワクワク見学できました。
posted by 管理人 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年10月02日

新潟県スポーツ公園

週末よく愛犬と散歩するのが鳥屋野潟のスポーツ公園だ。
大きな公園の少ない新潟市において(自然がたくさんあるから公園が必要ない?)貴重な場所であろう。

芝生広場の方は家族連れやカップルまた愛犬家の散歩と大変賑わっているが、自然生態園の方は歩いている人もまばら。
私の散歩コースは公園内を一周。
芝生広場ではよそのワンちゃん達と挨拶をし、自然生態園では展望台を愛犬と一緒に駆け上る。

晴れた日は鳥屋野潟の水面がキラキラ光りとても美しい。
071002~01.JPG

鴨も生息しています。
植えたものか自生した物か??ですが彼岸花の一種「リコリス」がきれいに咲いていました。
071002~02.JPG

「ムクゲ」も終わりごろでしたがまだ目を楽しませてくれましたよ。
071002~03.JPG

管理が行き届いているので季節季節の花々が咲き、いつ行っても楽しめる公園です。

そう、とても気になったのですがイチョウ並木の銀杏がたわわに実っていました。
まもなく落ちそうです。
収穫してもいいのかな・・・・・ ̄(=^ー^=) ̄

by さくら
posted by 管理人 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年06月26日

露天風呂の日

今日は露天風呂の日です。
1987年に制定され、「ろ(6)てんぶ(2)ろ(6)」の語呂合せから6月26日になったそうです。
今日の毎日新聞新潟県版でも、新潟県の露天風呂広告特集をしました。
これからの緑鮮やかな季節、露天風呂に入ってのんびりしてみてはどうですか?
posted by 管理人 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年06月19日

新潟地震の体験談

今の市役所、当時は県庁近くの職場。新大歯学部のところはグランドでした。
昼休みにグランドで同僚とキャッチボールをし、休みが終って汗を引っ込めていた。
女子職員(男性よりも多かった?)もバレーボールをしていたので同じくたむろをしていた。

その時、グラッときた。また来た。その時今度は普段思いを寄せている女性が自分に抱きついて来た。←これ本当の話
今考えるともっといたわってやればよかったと思うが(^_^;笑)、当時は必死。

職場は被害はなかったが、「県庁の塀が崩れ道路がゆがんでいる」と人が言うので見に行って振り向くと山ノ下方面で黒煙が上がっていた。

こりゃ大変と家(春日町)に電話をしたら未だ通じていて、お袋が「水が押し寄せている」というので通勤の自転車をひっぱて昭和大橋に向うが通れない。八千代橋に回ると人ならば通れるので渡った。

津波が押し寄せていたと思うのだが、頭には全くなかった。(反省)

家の付近は液状化現象で水が30センチくらい冠水していた。床上浸水はまぬかれたが、床下に砂が入ったので床をはがし取り出すのが大変だった。
蒸し暑い時期で、床下から砂を取り出す作業で汗をかいても体を洗うことが出来ません。
当時は内風呂はなく公衆浴場が主。どこも水道がやられたり,建物が壊れたりで休業。
そのうちに「何処そこの風呂屋が再開した」と聞き遠くても出かけた。

電気はその日の夕方に復旧したが、水道は給水車、暫く後に共同水道を経て完全復旧。
ガスはなかなか復旧しなく秋だったかなあ、お袋は苦労しただろう。

我が家は借家だったが、少し傾いたけど生活には困らなかった。
あちこちで復旧工事が行われていて、新潟はおもちゃ箱をひっくり返したような状態が続いた。

母の実家から「救援隊」なんて自家製の旗を作って物資をもってきてくれたり、救援物資の箱に○○と書かれていたので(品名は忘れた)大喜びで開けたら、とんでもないものだったなどと笑えない思い出が沢山あります。
近所の人と普段付き合いが疎遠になり勝ちだったが、災害を機に取り戻したこと、多くの人から助けてもらったことなども忘れられません。

by 舌切り雀
posted by 管理人 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年06月16日

昔の記憶

土曜日に近くの馴染みの八百屋さんに行ったら、「今日は新潟地震の日だね」と言われました。
私はまだ生まれていなかったので、いつだったのかくわしくは記憶をしていませんでした。
八百屋のおじさんは思い出しながらいろいろ語っていました。

そうか、新潟地震の日か・・・と考え、よく両親や親戚から聞いた話を思い出しました。

地震の大きさも大きかったみたいですが、橋は落ちるし、液状化現象がかなり大変だったようです。
(そのうちに記憶のある方から実体験を書いてもらいましょう)

新潟市から30km以上離れていた所に住んでいた祖母が、新潟市に住んでいた生まれたての孫が心配で歩いて新潟市まで迎えに行ったなんて話を聞いたことがあります。石油タンクの火災や、橋の落下など私の想像をはるかに超えています。

我が家は中越地震の後から少しの水、乾パンなど簡単な物は玄関に用意していますが、これも何年かに新しい物に換えないと保存期限が切れたりとちょっと管理が大変ですよね。

少しずつ昔の記憶が薄れていく今、怖い記憶はともかく地震の時の教訓などは語り継いでいかなければいけませんね。

※新潟地震は、1964年6月16日午後1時2分頃、新潟県粟島南方沖40kmを震源として発生した地震。地震の規模はマグニチュード7.5。
posted by 管理人 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年05月31日

今日は「世界禁煙デー」

厚生労働省では平成4年から「禁煙週間」を設けいろいろなたばこ対策を推進しています。
平成19年度「禁煙週間」は平成19年5月31日(木)から平成19年6月6日(水)まで。
今年のテーマは「無煙環境を考える」です。

我が社は社内禁煙ですが、一歩外に出ると喫煙場所となっています。
吸う人たちが出かけている時は天国ですが、一度戻ってくると一気に地獄に落とされる気分です。
なんといっても管理人はたばこが嫌い。ずっと周囲がたばこを吸っている環境にいなかったため、社会人になりとても苦労しています。
が、いきなりたばこをやめろと言っても酷なので、会社の人たちにはチクチクと説得しております。

で、喫煙者がたばこを吸うことを「能動喫煙」、周囲の人が煙を吸ってしまう行為は「受動喫煙」といいますが、受動喫煙で副流煙を吸ってしまうと
発がん物質を含む「タール」が3.4倍
体を酸欠にする「一酸化炭素」が4.7倍
依存性のある「ニコチン」が2.8倍
(フィルター付たばこ1本あたり)
発がん性物質のジメチルニトロソアミンは、副流煙では主流煙の19倍から129倍
という数字が出ているそうです。

科学的裏づけはまだ出来ていないようですが、たばこの煙(副流煙)がどの位周囲の人に影響をするかというのもいろいろな説が出ています。
一部では70mといわれたり、理論で計算した方だと直径14m(一人喫煙)といっています。
(こちらを参照)
吸う方は自分だけではなく、「たばこ」を吸うということは他人にも体にも影響を及ぼすということを、くれぐれもお忘れないでほしいですね。


posted by 管理人 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年03月29日

愛犬日記3月23日編

一人で留守番をしていると退屈なので家中の探検をしてみる。
テーブルの上なんかにはお婆ちゃんの忘れ物がたまにあり、そんな時は美味しくいただいてしまう。

でも今日は何にもないや。チェッ。
ところが仏間に行ったら畳の上に真っ白な箱が。
なんだかとても美味しそうな匂いがするので「きっとママが良い子のご褒美に置いていってくれたんだ」と思い、一生懸命箱の蓋を鼻で押しやり、見事開けることに成功。

中から出てきたのは「きんつば」
やった〜(^o^)
中に入っていた数は6個。もー夢中で食べたのよ。普段は耳垢ほどしか食べさせてもらえないからネ。
超〜美味しかった!!

でもね、あとから喉が渇いてしかたなくお水いっぱい飲んだの。
そしたら気持ち悪くなって吐いたのね。
その日は夕飯も貰えなかった・・・
そして、大好きなボール遊びもお腹が重たくて走り回れなかったんだm(__)m
お腹がチャプチャプいって、走り回ったら気持ち悪いんだもん。
お水いっぱい飲んだせいで夜中におトイレ4回も起きたし、気持ち悪くってゆっくり眠ることもできなかったし、散々だった。
自慢のウエストラインも、きんつば6個とお水でパンパンに膨れ台無し。

「きんつば6個は食べすぎだったと反省しています。でもそこに置いてあれば何でも食べてしまうので置き忘れないでねママ!」

070329_1.gif

by さくら
posted by 管理人 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年03月14日

社長の還暦のお祝い

昨日は当社社長のお誕生日でした。
しかもめでたいことに還暦!!

プレゼント、お花、ケーキを用意して、ちょっとサプライズ的にお祝いをしました。

業務時間が終了してから行動開始。
ケーキのロウソクをつけたりささっと用意をし、さくらさんイキナリ電気を消す。
「社長、電気がおかしいです!!」
社長も電気が突然消えたので、「何だ?何だ?」と社長室から出ていらっしゃいました。
そこで、「還暦おめでとうございまーす」
てな感じでした。
その場にいた私も突然電気が消えたのでビックリしたくらい。
さくらさん、演出ナーイスっa_ilst207.gif

ケーキの上のチョコレートです。ちゃんと還暦の文字も入れました。
choco.jpg
食べるのに夢中だった管理人は、すっかりケーキの写真を撮るのを忘れてしまいましたが、イチゴが沢山のっているおいしいケーキでした。

あらためて、おめでとうございました。
posted by 管理人 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年03月08日

小さなボランティア

先週末、我が家の愛犬のシャンプーのためホームセンターを訪れた。
愛犬のシャンプーが終わるまで時間つぶしをしようとウロウロしていたら、献血友愛号が停まっているのが目に入った。
病気が原因で今まで献血不適合者だった私は、献血できるかどうか不安だったが申し込みをしてみた。
医師の診断もOKがでて、健康体のときに良く引っかかっていた「比重不足」もなく無事200mlの血液を摂って貰いました。

昔の献血手帳を出すと「今はカードになったので交換しますね。」と免許証サイズの献血カードをもらいました。

070308_1.jpg   070308.jpg

自分が献血できる健康体なのだと改めて実感でき、そして献血できたことをとても嬉しく思いました。

健康でいると血液の大切さなどあまり思わないかもしれませんが、健康体であれば誰にでもできるボランティアです。
春の献血キャンペーンが3月1日より始まっています。
献血友愛号を見かけたら皆さんも足を止めてみてください。

by さくら


posted by 管理人 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年02月15日

宴の後

いつ頃からだろうか、バレンタインデーが定着したのは。
自分が若かった頃はまだ無かったように思う。

本来、意中の人に贈り物を添えて、思いを伝える日として始まったと思われるが、よほどお菓子屋さんのPRが上手だったのか、今では会社内でも「義理チョコ」として一般的に広まっている。

女性が多い職場などは大変だろう。食べきれないほどのチョコを貰って、1ヶ月もかけてやっと食べ終わった頃に今度はお返しに大変な思いをすることになる。

でも、年に1回のこの行事が、ギスギスした職場の雰囲気を和ませる効果はあるのだろう。それでなければ職場内でこれだけ広まるはずはないのだから。

貰う側から見れば、たとえ義理だと分かっていても、自分のところにだけチョコが来ないのは淋しいし、もしかしたら嫌われているのかな?などと考えるのも辛い。

チョコ嫌いの人はともかく、好きでもパクパク食べることが出来ない年齢の人が多くいると思われる職場であっても、お歳暮のように1年に1度のこの行事は続いていくのだろう。

チョコが嫌いだからといって、せんべいや饅頭じゃピンとこないし、ここらで渋いお茶を一杯なんてもっとおかしい。

            ico_heart9.gif

by ライダーO
posted by 管理人 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年02月05日

「東京へはもう何度も行きましたね」

このタイトルを見てすぐ歌が思い浮かぶ人は、かなり年齢が上の人ですね。

先日、社用で東京へいってきました。
新幹線の車窓から見える湯沢は、降る雪で全体が白く煙っているようです。しかし長いトンネルを抜けるとそこは別世界のような日差しの中でした。

川端康成の名作「雪国」そのままの情景がそこにはありました。過去に何度も見たこの景色は、長い時を経ても変わらないものです。文学作品をそのまま実体験できる数少ない機会です。

北風にホコリを舞い上げる田園地帯を過ぎるとやがて、自分が若い時、一時期を過ごした街に入ります。親元から離れて初めて暮らした街は、随分と変貌を遂げたように見えます。

新幹線の終着東京は、物と情報が集まり、発信される世界有数の都会です。若い日の自分が夢を託した街でもありました。

やがて自分は故郷へと戻るのですが、精一杯生きてきたあの街に対する愛着は今もあります。

あれから30年が過ぎ、大きく変化しつつも懐かしい面影を残している東京は、古い歴史の街でもあります。近代的なビルが林立する中に、埋没してしまいそうになりながら、近世日本の中心的役割を担ってきた痕跡が、そこにも、ここにも見られるのです。

江戸東京博物館.jpg

写真は両国の「江戸東京博物館」

by ライダーO

posted by 管理人 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月24日

瓢湖屋敷の杜

1月21日、新潟は3月の陽気。

父の法要で五十嵐邸ガーデンへお斎(おとき)に行ってきました。

igarashi.jpg

明治・大正時代の邸宅、お庭は素晴らしいものです。
そこでいただくミニ懐石も見た目に美しく、美味しかったです。

hassunn.jpg

亡き父の在りし日の思い出話にも花が咲きました。

敷地内に地ビールと隠れ家もあります。

白鳥の飛来する瓢湖と一緒に訪ねられて見てはいかがでしょうか。

by さくら







posted by 管理人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月19日

思いやり?!欠落

先日、病院に行った時のこと。

病院の敷地内でタバコを吸っているお年寄り(男性)とすれ違いました。
ちょうど私とすれ違う時にタバコの息を吐いたので、私の顔にかかりとても不快でした。
が、外でしたし、しょうがないかなと諦め、イライラしながらも注意をしませんでした。

私はそのまま病院入り口に向かい玄関に辿りついた時、
〔病院敷地内 受動喫煙防止のため禁煙!〕と大きく書かれているではありませんか。
あー、注意をすればよかったと後悔しました。

そのお年寄りは一人で病院を出て行ったので患者さんのような気がします。
でももしかしたらお見舞いに来ただけかもしれません。
どちらにしろ病気の方が沢山いる病院の敷地内で、タバコの臭いや煙で嫌いな人を不快にするのはどうかと思います。

タバコを好きな人にはわからないかもしれませんが、嫌いな人には受動喫煙は不本意喫煙でしかありません。
少し考えればわかる事だと思うのですが、喫煙者の方でそのような意識が薄くなっている人がいるのは残念です。

その帰り道、やはり病院敷地内のロータリーで反対側に渡ろうと、横断歩道に足の悪い方がちょうど辿り着き、私もちょうど渡ろうかと思った時のこと。

一台のタクシーが私たちが渡ろうとしていたのに止まらずに行きました。
運転手さんは「まずい」と思ったのか、思っていなかったがたまたまか、私たちの顔を見て通り過ぎていきました。
後先で言えば、もちろんタクシーが後で直線のコースなので視界もよし、十分に止まれる速度でした。

病院内で止まっているタクシーは患者を乗せて仕事をするためにいるはず。
マナーとして先に渡らせるべきではないでしょうか。
患者さんを無視するのはどういうこと?!と思いました。

マナー、モラルの問題ですよね。
普段から私も気をつけようと、大変勉強になった一日でした。


posted by 管理人 at 16:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月18日

マニュアル通りの理容室

家の近くに低料金をウリにチェーン展開している理容室がある。洗髪までしても20分足らず、仕事は少々雑でも、短時間と低料金が気に入り月に1回の割りで利用している。

入店すると10人程の店員が一斉に「いらっしゃいませー、○番の椅子へどうぞ」、洗髪の時に「シャンプー台へどうぞ」、やかましいことこの上ない。

どうやら全員がマニュアル通りに言葉を発しているようなのだが、行動が伴っていないようなので困る。

何故かと言うとある時、シャンプー用の大きなエプロンを掛け、首のところで締めるのだが、そこにタオルを丸めて突っこんで一言、「苦しくありませんか?」
思わず「これで苦しくない訳ないだろ!」と怒鳴ってしまった。

またある時は、ヒゲを剃る時の蒸しタオル。
その店員はいかにも熱そうに持ってきて、顔の上にヒョイ。そして一言、「熱くありませんか?」
「熱くない訳ないだろー!」と怒鳴ろうとしたけど、これじゃまるでギャグだ。そう思った途端、笑ってしまった。

まったくなんて店なんだろうと思いながら、きっとまた行くんだろうな、この店。

今度は何をやらかしてくれるんだろう。お願いだから眉毛を剃り落とすのだけは 止めてほしい。

by ライダーO

posted by 管理人 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月15日

今日は昔でいう成人の日

現在は第二月曜日に移動してしまいましたが、1999年までは1月15日が成人の日で祝日でした。

地方によっては4月や5月のGWの時期に移動して式を開いている市町村もありますが、全国的には1月15日にほとんどの市町村で成人式を行ってたと思います。
2000年以降の人はハッピーマンデー方式に変ったので、自分がいつ成人式を行ったのか覚えているのが大変ですね。覚えている必要性もないのかな・・・

変更されてもう7年ですが、私たち昔の世代?!にとっては忘れられない日です。
posted by 管理人 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月05日

あけましておめでとうございます

今年は例年にない穏やかな正月を迎えました。昨年の大雪の正月がウソのようです。

県内の平場では雪はほとんど見ることが出来ません。

県内のスキー場はというと各地とも50〜70センチ、本音はもう少し雪が欲しいところですが、それでもなんとか滑走可能な状態です。

1月1日、好天に誘われてバイクの初乗りを楽しみました。
上越市の直江津海岸では、毎年恒例の「新春寒中水泳大会」が終了してしまい、サーファーが数人波間に浮かんで穏やかな波を相手に楽しんでいました。


バイク.jpg

by ライダーO
posted by 管理人 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活