2007年05月31日

今日は「世界禁煙デー」

厚生労働省では平成4年から「禁煙週間」を設けいろいろなたばこ対策を推進しています。
平成19年度「禁煙週間」は平成19年5月31日(木)から平成19年6月6日(水)まで。
今年のテーマは「無煙環境を考える」です。

我が社は社内禁煙ですが、一歩外に出ると喫煙場所となっています。
吸う人たちが出かけている時は天国ですが、一度戻ってくると一気に地獄に落とされる気分です。
なんといっても管理人はたばこが嫌い。ずっと周囲がたばこを吸っている環境にいなかったため、社会人になりとても苦労しています。
が、いきなりたばこをやめろと言っても酷なので、会社の人たちにはチクチクと説得しております。

で、喫煙者がたばこを吸うことを「能動喫煙」、周囲の人が煙を吸ってしまう行為は「受動喫煙」といいますが、受動喫煙で副流煙を吸ってしまうと
発がん物質を含む「タール」が3.4倍
体を酸欠にする「一酸化炭素」が4.7倍
依存性のある「ニコチン」が2.8倍
(フィルター付たばこ1本あたり)
発がん性物質のジメチルニトロソアミンは、副流煙では主流煙の19倍から129倍
という数字が出ているそうです。

科学的裏づけはまだ出来ていないようですが、たばこの煙(副流煙)がどの位周囲の人に影響をするかというのもいろいろな説が出ています。
一部では70mといわれたり、理論で計算した方だと直径14m(一人喫煙)といっています。
(こちらを参照)
吸う方は自分だけではなく、「たばこ」を吸うということは他人にも体にも影響を及ぼすということを、くれぐれもお忘れないでほしいですね。


posted by 管理人 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年05月29日

大原の食事

登山仲間に誘われて山菜山行に出かけてきました。
26(土)に守門岳、27(日)に浅草岳。

宿は昨年秋に泊まった「民宿大原」
この民宿は70代半ばのご夫婦で切り盛りされている。
おじいちゃんが囲炉裏で虹鱒を焼いてくれ、おばあちゃんが季節の野菜を料理してくれる。
今はもちろん山菜。
写真を撮るのも忘れて、アツアツの虹鱒にかぶりつきました。
ぜんまいの煮物・うるいのお浸し・蕪ときゅうりの漬物・うどの胡麻和え・天麩羅(ふきのとう、こしあぶら、まいたけ)・きのこの煮物・丘ひじき
写真の他に大鉢に盛られたわらび、茹でたて姫竹、熊汁も出ました。
茹でたての姫竹の美味しかったこと。
070529~01.jpg

翌朝はその姫竹が炒め物になって出てきました。
味噌汁の具は豆腐とあざみ。
「おふくろの味」を堪能しました。
070529~02.jpg

こういう食事をしていればメタボリックとは無縁だろうな・・・

「また秋に来ますね」とおばあちゃんに挨拶をし大原を後にした。
今からきのこの時季が楽しみである。

by さくら
posted by 管理人 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話

2007年05月28日

犬だくさん

先日、初めて犬の訓練大会に参加いたしました。
日本シェパード犬登録協会(JSV)主催の新潟県管内ブロック大会です。県大会のため頭数は多くないものの、通好みの犬種のため、そのほとんどは全国区の犬たちばかりでした。訓練士の方々に混じって何とかご迷惑にならない様に頑張ってきました。私は何から何まで初めての事でしたので知りませんでしたが、コレって一般の方が犬を引くってことはほとんどないんですね。飼主の方は競技には参加せず、プロの訓練士に預けて引いて貰っていますので(オーナーの方、せめて応援にだけでも来て上げて下さいね!)。でも、流石にプロの方が扱う犬たちの素晴らしい技の数々。最近流行のドッグスポーツとはまた違った緊張感溢れる競技でした。当犬種の最大限の魅力を引き出しており、その動きの鋭さ・美しさと共に強さ・恐ろしさ半面…只々圧倒されるばかりでした。

ウチは訓練会部門ではハンドラーとして出場出来ませんでしたが(コレは一般の方にはちょっと無理…)、展覧会部門では、最上級の評価V・席次1で準王座を頂きました。
2007.5.28.jpg
初参加のド素人としては大変嬉しい結果です。犬見た後には多くの方から声を掛けて頂き(それまで誰一人声を掛けてくれる人もおらず、知人もいませんでしたので…やっぱり犬好きは犬にしか興味がないみたいです)、諸先輩からも今後の教育等ご指導ご鞭撻賜りました、ありがとうございます。これからも特に順位には拘らず目標を持って楽しく鍛えてあげたいと思っています。

ウチの犬の御父上。御歳九歳の出場犬最高齢。今年度全国大会へ出場後引退するそうです…残念。Gシェパードとしてはスーパーヘビー級の45kg、ビビッて触れませんでした…

by 左近


posted by 管理人 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・雑記

2007年05月25日

坊やお食べ

巣立ちを終えたばかりの小雀が来ます。
毎年のことですが、暫くの間残飯を与えています。口移しで食べさせているところを撮ることが出来ました。

suzume.jpg

by 舌切り雀
posted by 管理人 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・雑記

2007年05月24日

新潟で生活をするようになって3年8ヶ月になりました。

なるべく早く佐渡島を訪れてみよう、と思ってはいましたがなかなかその機会に恵まれずにきました。
4季それぞれ異なって遠く彼方に見える堂々たる島影は、晴れた日には紺碧の海原を行き交う白や灰色の船舶の向こうで「はやく出かけておいでよ」と手招きをしているようだし、冬の荒涼たる厳寒の時の島影はどこか寂しげな、哀愁に満ちた北の奥地を連想させます。
5月連休の中日に日帰りパックコースで出かけました。行きは高速のジエットホフォイルで両津港まで約67,2km、60分の船旅、見たり思っていたほどの高速感ではありませんでしたが、船内案内板を注視していると平均時速70キロメートルは出ていて、2階窓下から見る船体に白い波長が勢いよく踊る光景は、さすが高速艇の素晴らしさを感じさせてくれました。
やがて島がグーンと目の前に近づいて車や人影が行き交う港が見えてくるころ、左手の美しく優しい姫崎灯台が私達を水先案内をしてくれました。

続きを読む
posted by 管理人 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・雑記

2007年05月23日

ヒスイの街糸魚川

日本で唯一ヒスイが産出する土地が糸魚川である。
20070523_2.jpg
縄文時代から弥生時代にかけて、糸魚川のヒスイは日本全国へ旅した。道路も整備されていないし、交通機関といえば舟くらいしかなかった太古の時代に、貴重な宝玉としてそれは人から人へ伝えられていったのだろう。

日本神話にも出雲の神様が貴重な玉を求めて糸魚川にやってくる話がある位だから。
やがてヒスイは時代が下ると共に忘れ去られ、近代になってやっと日の目をみることになる。発掘調査の結果、出土したヒスイが全て糸魚川産だということが判明してきた。
今、ヒスイは天然記念物として、持ち出しが禁止されているが、ヒスイ峡から注ぎ込む姫川河口の海岸で拾うことができる。運が良ければ、波できれいに磨かれたヒスイに出会うこともある。以前テレビで見たが、ヒスイ海岸で拾ったヒスイの原石に300万円の値がついた事があった。まだまだお宝は隠れている。
20070523_1.jpg

by ライダーO

posted by 管理人 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年05月22日

新潟花便り

新潟市は今日は快晴、五月晴れです。
雲一つないお天気です。
20070522_1.jpg

現在、新潟市はつつじが満開です。
道を歩いていてもつつじの花の香りがしています。
桜とチューリップが去った後はつつじの季節になりました。
20070522_2.jpg
ほとんどの田んぼも田植えも終わり、新潟県はこれから緑深い季節がやってきます。
posted by 管理人 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話

2007年05月21日

蓼科山

週末ごとの登山を楽しみにしている者にとって週末の雨は本当に恨めしい。
天気予報とにらめっこしても一向に回復する目処の立たない先週末、急遽新潟を脱出し蓼科を目指した。
午前3時に出発し、どしゃ降りの中をワイパーフル回転させ高速を進む。
4時ごろから空が白々開け始め、蓼科に着く頃には文句のない五月晴れ。
目指す頂上が見え隠れする中をドンドン登っていく。
下から「雪?」と見えていた白い影は霧氷であった。
070521~01.jpg
気温が上がり始め霧氷がバラバラと落ちてくる。
生まれて初めて霧氷の雨にあいました。

2530mの頂上からは360度の眺望。
GWに行った八ヶ岳の主峰「赤岳」や日本第二位の高さを持つ北岳など時間を置くごとに鮮明に姿を現してくれた。
新潟は雨だろうな〜などと思いながら日焼け対策に余念のなかった蓼科山山頂でした。
070521~02.jpg

by さくら
posted by 管理人 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年05月18日

新緑の白山

先週末、愛犬を連れて旧村松市の「白山」を登ってきました。
標高1012mの山では雪はすでに消えブナの新緑に覆われていました。
070518~01.jpg

070518_~03.jpg

田村線には「天狗の腰掛け」というブナの大木があります。
070518_~02.jpg
4月にはイワウチワが咲き乱れる山ですが、5月ともなるとイワウチワは山頂付近にちらほらしているだけ。
その代わりに清楚な稚児ゆりがたくさん出迎えてくれましたよ。
下山時には「こしあぶら」や「ぶどうの芽」を土産にしました。
春の味覚は独特の香りがし美味しいです。

これからの季節は蛭が出始めるらしく秋まで白山とはお別れです。
by さくら
posted by 管理人 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・ニュース

2007年05月17日

関屋浜海岸清掃

19日(土)に毎日新聞販売店では全国一斉清掃を行います。

新潟県内では新潟市中央区関屋の関屋浜海水浴場で、午後1時15分から約1時間行う予定です。
一般からの参加も大歓迎!!
当日先着30名に「MOTTAINAI」Tシャツをプレゼントするそうです。
みんなで新潟の海をきれいにしませんか。

日  時:平成19年5月19日(土)
集合場所:西海岸公園市営プール西側にある「お城広場」
集合時間:午後1時
※小雨決行です
mottainai.gif
posted by 管理人 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年05月16日

柏崎にて

南北に長い海岸線をもつ新潟県。その中間点あたりにある柏崎の海。美しい海と変化に富んだ海岸線は見事で、県内だけでなく関東方面からの観光客も多い。

今日は残念ながら見えないが時折水平線上に佐渡が大きな体を横たえているのが見て取れる。
20070516.jpg

三階節の文句ではないけれど、竿さしゃ届きそうな程近くに見える。そこから、お光・吾作の悲しい物語は生まれてきたのだろうか。
同じような物語は上越市大潟にもある。こちらは人魚伝説として伝えられているが、大元は佐渡の女性が舟で男に会いに来る物語だ。

古代から佐渡はすぐ近くに見えながら、庶民はなかなか行くことが出来ないところから様々な想像の舞台になったのか、それとも実際に伝承のもとになった出来事があったのか興味は尽きない。

ここには日蓮上人上陸の地もあるし、海岸沿いに北方を見れば、原子力発電所の大きな鉄塔が何本も光を明滅させている。柏崎はなかなか面白い。

by ライダーO



posted by 管理人 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟に関する事

2007年05月15日

折立温泉 大鼻旅館の芝桜

題名:初夏の初雪
20070515.jpg

20070515_1.jpg
撮影:Mr.ドン
posted by 管理人 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年05月14日

昨日は母の日

皆さんは母の日に何かプレゼントをしましたでしょうか?
我が家は必ずプレゼントをします。
私はまだ母ではないので、母親の気持ちというのがわからないのですが、何もないと寂しいのでしょうか?!
でも、やはり感謝され、プレゼントをもらうとうれしいですよね。

大人になると言葉にするのは照れくさいし、なかなか感謝を表すことがしづらいものです。

なので、我が家では必ずプレゼントをします。
プレゼントで感謝の気持ちを誤魔化しているという話もありますが・・・

今回は母が入院中のためバラの花。
20070514.jpg
しかもこのバラ、水をあげなくても2〜3年は枯れないプリザーブドフラワーというもの。
(薬品加工がされていて、最近は結婚式場でもよく使われています)

昨日、感謝をわすれた人は今日お母さんに感謝してくださいね。

posted by 管理人 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・雑記

2007年05月11日

東独中欧日記その2 犬

彼の国は様々な犬種の原産地。犬好きの私として垂涎の国。日本では住宅事情も含めて各種の制約で小型犬・愛玩犬が多い昨今ですが、こちらは現役バリバリの使役犬を多く見ることが出来ます。
コワモテのマスチフ系犬種が普通に散歩しており、カフェにもゴロゴロいます。となりでコーヒーを飲むのはかなりドギマギしますが。皆、規則正しく、吼えたり引き綱をするものはありませんでした。まるでそこには別な社会が形成されている様に…

中欧では珍しく厳格な犬の大産出国であるハンガリーでは、法律で雑種を作り出すことを禁じており、犯した飼い主へ罰金ならびに禁固刑が施行されます。
原産の一つに「コモンドール」と呼ばれる世にも奇妙な犬がいます。一度本物を見てみたいと思っていましたが今回の旅では残念ながら適いませんでした。はっきり云って柄の付いていない巨大な「モップ」そのもの。しかも体重は50kg以上もあるそうです。全身縄暖簾状の毛で覆われおり、しかもその毛髪は狼の牙をも通さない頑丈なものです。性格は頑固一徹。大変利口で即座に記憶・反応するものの、己の意に反して主人のコマンドが誤っているとブチ切れる恐ろしいヤツです。ゆるキャラ系の見た目と中身のギャップが大変興味が沸きます。本来であれば写真でお見せしたいのですが、如何せん私も書籍でしか見たことが無いので、簡単な説明でご容赦下さい。コイツのサイズ違いで「プーリー」というヤツもいます。是非ネットや図鑑で調べてみて下さい。

ドイツといえばイギリスと並び数多くの犬の原産地。
ほとんどの犬がノーリードで街を歩き、いたる所に「駐犬場」!があります。要は犬の駐車場です(パーキングマークに犬の絵が描いてあり、リードを付ける金具が設置されています)。各所に犬用のゴミ箱(糞処理用)や水飲み場も設置されています。代わりに義務として「犬の税金」も掛かりますが…法治国家ドイツにふさわしく、あらゆる動物愛護の法律(過激な?)が制定されています。各犬種によって飼育敷地の面積も定められており、飼育方法も細かく定められています。守られていない場合、飼い主として不適合として犬は取り上げられ、罰金(最悪禁固刑も!)あります。アパートでは「子供不可、犬可」というのが多数あります!

世界中で警察犬やその他使役犬として活躍する、最もメジャーなオールラウンドプレーヤー「ジャーマンシェパード」。
研ぎ澄まされた肉体を持ち、怖い犬の代名詞にもなっている無敵のガードドッグ「ドーベルマンピンシェル」。
日本ではあまり見かけませんが、アメリカでは登録犬数が常に上位に入るタフで凄いヤツ「ロットワイラー」某組織の組長様の愛犬で有名ですが…。
お金持ちの象徴の様な(玄関の置物でよくあります)、犬のアポロと呼ばれる巨大な「グレートデン」。
巨人の原監督が熱心な愛好家でも知られるファイティングスピリット溢れる「ボクサー」。
日本では最も人気のある、愛くるしい「ダックスフント」(日本では主にミニチュアですが)。
そこにあるのは先人の英知の賜物、ゲルマン魂の申し子たちです。別に純血種を特別視するわけではありませんが、人類の歴史と共に歩んできた犬を見ることにより、その民族性を理解出来るようで誠に感慨深い限りです。

キャプション/「我が家のゲルマン魂…」
shepherd2.jpg

by 左近
posted by 管理人 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした話

2007年05月10日

春の鳥屋野潟一斉清掃

新潟市の中心部にある鳥屋野潟は、春は満開の桜が咲き誇り、豊かな自然に囲まれて、私たち市民の憩いの場所です。
周辺には鳥屋野潟公園、東北電力ビッグスワン、スポーツ公園などがあり、散歩やピクニックなどをすることができます。
その鳥屋野潟を守っていこうと、新潟市では毎年、一斉清掃を行っています。
ご家族、お友達とお誘いのうえ、ぜひご参加ください。


実施日 :平成19年5月13日(日) (雨天中止。順延はいたしません)
集合場所・時間 :割烹の宿「湖畔」前広場 午前9時30分集合
※清掃作業は、1時間程度です
用具 :ごみ袋、ごみばさみは区役所で用意します
実施の有無について
当日、午前7時59分頃、FM新潟(77.5MHz)の放送にてお知らせします。

お問い合わせ
鳥屋野潟一斉清掃実行委員会事務局
TEL 025−223−7168 (区民生活課内)
posted by 管理人 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年05月09日

春も終わりです

ゴールデンウィークが終わったと思ったら、8日は汗ばむほどの初夏の陽気。山々はすっかり緑に覆われ、夏が近いことを知らせている。

つい、この間まで桜でにぎわっていた高田城も、今は緑の夏バージョン。わずかに残る消毒薬の匂いが、宴の後を物語っている。
20070508.jpg

そういえば、部屋の隅に冬物のコートが掛かったままだった。

by ライダーO



posted by 管理人 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話

2007年05月08日

山情報

GWは天気に恵まれ山三昧でした。

前半は西穂高。
こちらは途中リタイア。
後半は八ヶ岳。
070503_1.JPG
登頂に成功した八ヶ岳の写真のみアップします。
標高2899mの赤岳にはお地蔵様がしっかり登山者を見守ってくれていました。
070503_2.JPG
暖冬の今年でしたが、3月、4月の寒の戻りで雪が降り、いつもの年と変わらない山の積雪だそうです。

by さくら
posted by 管理人 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年05月07日

チューリップ三昧?!

GW期間中はチューリップが満開でした。
まず私は愛犬を連れて胎内市のチューリップフェスティバルに行ってきました。
07.04.29tainai1.jpg

ここはチューリップ畑の横に菜の花畑もあり、見ごたえがありました。
07.04.29tainai2.jpg
最近は品種改良が進み、八重咲きや色や形が変ったものなど多くの種類のチューリップが見られるようになりました。
07.04.29tainai3.jpg

菜の花迷路があり、愛犬も匂いに誘われ菜の花畑へ突入。
07.04.29tainai4.jpg


お天気が良かったので、午後からは五泉市のチューリップ畑へ。
07.04.29gosen1.jpg
07.04.29gosen2.jpg
ここは農家の人たちがチューリップを栽培している所なのですが、球根栽培を目的としているので、チューリップの花摘みが出来ます。
私が行ったこの日は赤い花を摘む日だそうで、花摘み体験をさせてもらいました。
チューリップの首が垂れる前に摘まないと球根が大きくならないので、もったいないのですが摘んでしまいます。
摘んだ花はチューリップ染めに使ったりします。

どちらも球根販売もしていますので、500円くらいで数本シャベルで掘ることができ、お持ち帰りができます。
ご家族でも楽しめますよ。

GWも終わり、さすがにチューリップも終わりになりましたが、まだまだこれから花の開花が沢山の新潟県です

posted by 管理人 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年05月02日

エイッ!久々ブログ 登場だい

歴史と伝説の山、護摩堂山の山開きが4月29日沢山の観光客の見守る中で格式高く、荘厳に執り行われました。
20070429tagami.jpg

例年なぜかこの日は快晴で穏やかで、開山儀式にはふさわしい天の恵みにあやかる事が出来ました。
護摩堂山は標高274メートル、山頂までの距離は約1,800メートル、登山口から徒歩約40分で山頂に到着します。蒲原平野の広大な田園風景一望に、約3万株の花が咲き誇る山頂「あじさい園」が季節には多くの観光客や町民から愛されて、日本全国から毎年人が集まります。天然記念物「つなぎがや」や興味深い「団九朗伝説」も今に伝わっています。
下山した後は徒歩5分圏内にある湯田上温泉、ホテル小柳・越後の宿わか竹・初音・末廣館でゆったりくつろいで、充分癒されることうけあいです。

一度はお越し下さい。
お問い合わせ 田上町観光協会(産業振興課内)
TEL 0256−57−6225

by 信濃
posted by 管理人 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報