2007年01月31日

今年も残すところ後11ヶ月

早いもので、1月ももう今日で終わり。
昨日のブログの蔵王スキー場は見事なまでの銀世界。ところが、新潟県内平場は見事なまでに雪が無い。

上越市郊外.jpg

昨日の晴天は、今が冬だと言うことを忘れてしまいそうです。物心がついてからこんな冬は記憶にありません。

暖かい冬を天からの贈り物として享受すればいいのですが、心配性の人はもう夏の水不足と天候不順を気にしています。

確かに暖かい冬は消費動向を狂わせ、景気に影響が出るようですが。それにしても大雪で被害が出るよりはよしとしておきましょう。

上越市郊外の高台から見る風景は、海まで見渡しても雪が見えません。実に美しい眺めです。

by ライダーO

posted by 管理人 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟に関する事

2007年01月30日

蔵王スキー場&ずんだ大福

1月28日の山形蔵王スキー場は青空に恵まれ絶好のスキー日よりでした。
あまりにお天気がよく滑るのに夢中で樹氷を見に行くのも忘れてしまいました。
1月26日の毎日新聞に「樹氷が見頃を迎えました」と書いてあったのに・・・
山形市内には雪がないのが信じられないくらい良質な雪がたっぷり。

青空の蔵王スキー場.jpg

甘酒を振舞ったり、大露天風呂を無料開放したり、蔵王スキー場はイベント満載。
これから樹氷祭りが始まり、樹氷がライトアップされます。

お土産にお勧めは「ずんだ大福」

ずんだ大福.JPG

私がずんだ大福を食べたのは山形が初めてでしたので、てっきり山形名物と思っていましたが、宮城の名物でもあるようですね。
どちらも美味しいです。

by さくら
posted by 管理人 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年01月29日

骨髄腫患者の会・新潟ブロックセミナー

昨日、新潟市で初めて骨髄腫の患者さんのためのセミナーが開催されました。
新潟県内だけではなく、群馬県などの隣県からも集まり、参加者は70名位いらっしゃいました。
スタッフの方にお聞きしたところ、他県のセミナーではこの半分くらいの人数とのことで、新潟は会場となった会議室が満員となっていました。

続きを読む
posted by 管理人 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・雑記

2007年01月26日

春のセンバツ高校野球出場校決定

sakura11.gif

本日夕方、第79回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の21世紀枠2校、希望枠1校を含む出場32校が決まりました。
(地区別出場校数は北海道1、東北2、関東・東京6、東海2、北信越2、近畿6、中国・四国6、九州4)

詳しくはコチラをご覧下さい。

新潟県は北信越に含まれ、新潟市の日本文理高校の出場が決まりました。
日本文理高校は昨年の春のセンバツも出場していて2年連続の出場となりました。
夏のセンバツも含めると3回連続の甲子園。
今年の春は昨年の8強のさらに上を行く、4強を目指して頑張ってほしいです。
posted by 管理人 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・ニュース

2007年01月25日

「注文の多い料理店」

知り合いのフランス料理店が、27年前のオープン時の料理を当時の値段で提供するフェアを今年も開催するという。

そのオーナーシェフと知り合ったのは15年ほど前。今ほど禁煙がやかましくいわれていなかった頃。
その店で灰皿を頼んだらイヤな顔をされた。

料理が一品づつ運ばれてくる、それをペロリとたいらげ、次の料理を待っていると 「早すぎるんだよ、もっとゆっくり楽しみながらたべなきゃ」

少し、ムッとしながらも食べ終わると、食後のコーヒーと共に料理のウンチクやフランス修行時代の話。

なんて「注文の多い料理店」なんだ!!

そうです「注文の多い料理店」とは、お客さんからの注文ではなく、店側からの注文と言う意味です。
なぜ、「  」に入れたかというと、これは宮沢賢治の短編小説の題名だからです。

大正時代(だったと思う)に発表されたこの短編は、西洋カブレのブルジョアに対する皮肉と、ハンティングという、生き物の命を奪うスポーツに対する大いなる批判だと思っています。自然や動物や弱者に対する賢治の優しい心がこの短編にも込められています。

そこで、件の料理店のシェフはと言うと、血液型が同じせいもあるのか結構気が合って、その後長い付き合いになっています。

グルメ指向の波に乗り「行列のできる店」がメディアでもてはやされている昨今、多くありませんか「注文の多い料理店」

ちなみに、このフランス料理店は「シエ・ワタナベ」
рO25−525−4526です。

シェ・ワタナベ.jpg

by ライダーO
posted by 管理人 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

政令指定都市移行にむけて・・・

新潟市は4月1日から政令指定都市に移行されます。
現在の住所、新潟市の後に8つの区名がつくことになりました。
先日、新潟市からお知らせの冊子が配布されたので、やっと住所録の変更が出来るようになりました。

インターネットからダウンロードできます。
新潟市−区の設置に伴う住所表示の変更ガイドブック

これが大変なのです。
意外と住所、所在地を記録した箇所があるものですね。
PCは一件一件の入力。
印刷物は使い切りの見極め判断(場合によってはシールの手配)、ゴム印は作り直し。

ハンコ屋さんは間もなく臨戦態勢にはいるとか。
でも、こういう時はハンコ屋さんも、印刷屋さんも儲かりますね。
posted by 管理人 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟に関する事

2007年01月24日

瓢湖屋敷の杜

1月21日、新潟は3月の陽気。

父の法要で五十嵐邸ガーデンへお斎(おとき)に行ってきました。

igarashi.jpg

明治・大正時代の邸宅、お庭は素晴らしいものです。
そこでいただくミニ懐石も見た目に美しく、美味しかったです。

hassunn.jpg

亡き父の在りし日の思い出話にも花が咲きました。

敷地内に地ビールと隠れ家もあります。

白鳥の飛来する瓢湖と一緒に訪ねられて見てはいかがでしょうか。

by さくら







posted by 管理人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月23日

雪のいもり池と妙高山

越後富士の異名をもつ妙高山は、四季折々の顔を見せてくれます。

冬の厳しい顔を見ようと立ち寄った池の平のいもり池は、例年にない小雪で、池の表面こそ雪で覆われているものの、周辺の遊歩道まで新雪を踏んで歩いていくことができました。

いもり池.jpg

今日は天気も良く穏やかな表情ですが、山の天気は変わりやすいもの、西方に控えている雲が張り出してくれば、やがて雪も降り出すことでしょう。

ウィークデーのせいか、スキー客も少なく静けさが漂う妙高山麓でした。

by ライダーO





posted by 管理人 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年01月22日

十日町市・ちんころ市

節季市(チンコロ市)に行ってきました。

1月20日朝6時、まだ暗いなか出発、冬場の遠出はひさしぶり。車も空いていて下道でも苦にならない。いつもなら新潟市内でも少しは雪が残るはずなのにまったく雪もなくタイヤの目の減りが気になるほど。十日町に近づいても雪は道ばたに少し残る程度。

2時間ちょっとで到着、9時からの販売と情報を得ていたので余裕であたりを見物しながら市のたっている場所にいったら、何とすでに30人くらいの行列ができでいました。

チンコロは米の粉を練って作る手づくりの縁起物細工で、その年の干支や犬や猫などのモチーフにしたものだそうです。ひびが入れば入る程縁起が良いとか。

ちんころ2.jpg


ちんころ1.jpg

気温が氷点下1度のなか40分ほど待って何とか買うことができました。(1個300円)最後は大判焼で冷えた体を暖め、定番の十日町そばのお昼を食べて雪のない十日町を後にしました。今月25日が最後の節季市ですので興味のあるかたは足を運んでみては…

「チンコロ」と掛けて 「笑顔のスケーター」と解く そのこころは「氷上(表情)で癒されます」

by 気がつけば三段腹

posted by 管理人 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年01月19日

思いやり?!欠落

先日、病院に行った時のこと。

病院の敷地内でタバコを吸っているお年寄り(男性)とすれ違いました。
ちょうど私とすれ違う時にタバコの息を吐いたので、私の顔にかかりとても不快でした。
が、外でしたし、しょうがないかなと諦め、イライラしながらも注意をしませんでした。

私はそのまま病院入り口に向かい玄関に辿りついた時、
〔病院敷地内 受動喫煙防止のため禁煙!〕と大きく書かれているではありませんか。
あー、注意をすればよかったと後悔しました。

そのお年寄りは一人で病院を出て行ったので患者さんのような気がします。
でももしかしたらお見舞いに来ただけかもしれません。
どちらにしろ病気の方が沢山いる病院の敷地内で、タバコの臭いや煙で嫌いな人を不快にするのはどうかと思います。

タバコを好きな人にはわからないかもしれませんが、嫌いな人には受動喫煙は不本意喫煙でしかありません。
少し考えればわかる事だと思うのですが、喫煙者の方でそのような意識が薄くなっている人がいるのは残念です。

その帰り道、やはり病院敷地内のロータリーで反対側に渡ろうと、横断歩道に足の悪い方がちょうど辿り着き、私もちょうど渡ろうかと思った時のこと。

一台のタクシーが私たちが渡ろうとしていたのに止まらずに行きました。
運転手さんは「まずい」と思ったのか、思っていなかったがたまたまか、私たちの顔を見て通り過ぎていきました。
後先で言えば、もちろんタクシーが後で直線のコースなので視界もよし、十分に止まれる速度でした。

病院内で止まっているタクシーは患者を乗せて仕事をするためにいるはず。
マナーとして先に渡らせるべきではないでしょうか。
患者さんを無視するのはどういうこと?!と思いました。

マナー、モラルの問題ですよね。
普段から私も気をつけようと、大変勉強になった一日でした。


posted by 管理人 at 16:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月18日

初滑り

今年は遅い初滑りとなりましたが1月14日、池の平にスキーに行ってきました。
ゲレンデまでの道路は雪がなくゲレンデには上質の雪がたっぷり(例年よりは少ないですが滑りには問題なし)
問題だったのは、新潟日報の割引クーポンを使って安く滑ってきたこと。
毎日新聞グループでありながら、ごめんなさいm(__)m

残念ながら天候はガスっていたので妙高山を眺めることはできませんでしたが、翌日友人からお隣のスキー場「杉の原」のシンボルツリーの写真が届きましたのでご紹介です。

池の平スキー場.jpg

新潟に滑りに来てくださいね〜

by さくら


posted by 管理人 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

マニュアル通りの理容室

家の近くに低料金をウリにチェーン展開している理容室がある。洗髪までしても20分足らず、仕事は少々雑でも、短時間と低料金が気に入り月に1回の割りで利用している。

入店すると10人程の店員が一斉に「いらっしゃいませー、○番の椅子へどうぞ」、洗髪の時に「シャンプー台へどうぞ」、やかましいことこの上ない。

どうやら全員がマニュアル通りに言葉を発しているようなのだが、行動が伴っていないようなので困る。

何故かと言うとある時、シャンプー用の大きなエプロンを掛け、首のところで締めるのだが、そこにタオルを丸めて突っこんで一言、「苦しくありませんか?」
思わず「これで苦しくない訳ないだろ!」と怒鳴ってしまった。

またある時は、ヒゲを剃る時の蒸しタオル。
その店員はいかにも熱そうに持ってきて、顔の上にヒョイ。そして一言、「熱くありませんか?」
「熱くない訳ないだろー!」と怒鳴ろうとしたけど、これじゃまるでギャグだ。そう思った途端、笑ってしまった。

まったくなんて店なんだろうと思いながら、きっとまた行くんだろうな、この店。

今度は何をやらかしてくれるんだろう。お願いだから眉毛を剃り落とすのだけは 止めてほしい。

by ライダーO

posted by 管理人 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月17日

阪神大震災から12年

6千人を超える犠牲者を出し、街を壊滅状態にした大地震から12年が過ぎました。

あの時自分は何をしていたのだろうか、よく想いだせない。震災の直接被害者ではない人にとっての思いはそんなものなのだろうか。

ニュースは映像と共に克明に伝えられ、次々と入る被害状況に緊張していたし、知人はリュックを背負い救援ボランティアに出かけていった。しかし自分はと言うと以前と変わらぬ毎日をすごしていた。

中越地震の時はどうだろう。経過した時間が短いし、何よりも激しい揺れに見舞われた記憶はまだ新しい。道路の補修は済んでも、地震で崩れた山肌が今でも赤茶色の姿を各所に晒している。被災地では被災者用の住宅がまだ残っている。

小学5年で経験した新潟地震もまだ覚えている。避難しながら泣いていた同級生の声、大きな揺れでまるで車酔いになったような不快感まで。

予知が難しいとされる地震は、短時間で大きな被害を出す。我々に出来るのは、地震後の対応でしかない。その時に備えての準備と、不幸にも被害に遭われた人々に思いを至らせることしか・・・

by ライダーO
posted by 管理人 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・ニュース

2007年01月15日

今日は昔でいう成人の日

現在は第二月曜日に移動してしまいましたが、1999年までは1月15日が成人の日で祝日でした。

地方によっては4月や5月のGWの時期に移動して式を開いている市町村もありますが、全国的には1月15日にほとんどの市町村で成人式を行ってたと思います。
2000年以降の人はハッピーマンデー方式に変ったので、自分がいつ成人式を行ったのか覚えているのが大変ですね。覚えている必要性もないのかな・・・

変更されてもう7年ですが、私たち昔の世代?!にとっては忘れられない日です。
posted by 管理人 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月12日

冬の山?

この小高い山はいったい何処でしょう?

春日山.jpg

新潟県内であればどこにでもある山にしかみえません。

実は、この山は戦国の武将 上杉謙信公の居城があった春日山なのです。
NHKの大河ドラマ「風林火山」では山本勘助にスポットが当てられていますが、著名な歴史上の人物は出尽くしてしまい、二軍の出番がきたという感が否めません。それならば新潟にも好適な歴史上の人物がいるんだと胸を張りたくなります。

「直江兼続」 上杉謙信の跡を継いだ上杉景勝の陪臣でありながら、天下人秀吉に「天下を安心して任せられる人物」と言わしめた人。景勝の会津移封に際し陪臣ながら30万石という有力大名並みの領地を与えられた人。

その魅力的な人物像は、小説や劇画などに取り上げられ、地元の南魚沼市では数年前からNHK大河ドラマの主人公にと働きかけています。

今は静かに雪をまとった春日山も、400年以上前に若き兼続が熱い血潮をたぎらせた場所だと思うと、感慨もひとしおです。

by ライダーO



posted by 管理人 at 13:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 新潟に関する事

2007年01月11日

本日は鏡開き

「鏡開き」は、もともと新年の仕事・行事初めの儀式の一つだそうです。
「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味し、昔は武家では正月に鏡餅を供え、正月11日にこれらを割って食べるという習慣のことを『鏡開き』と言いました。

と、いうことで、我社も鏡開きを行いました。
プラスチックの中を開いて、中から沢山の小さな個包装のお餅を取り出して、砂糖醤油でいただきました。

鏡開き.jpg

今はこれが当たり前になっていますが、昔のようにガビガビになった餅を割る鏡開きをしている所はあるのでしょうか?
新しい世代になるにつれて、昔の風習が忘れられていくような気がします。
よき昔の風習を忘れないように語り継いで行きたいですね。

posted by 管理人 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話

2007年01月09日

上越市立水族博物館へ

正月明けの三連休は、大きく発達した低気圧により列島各地は大荒れの状態、今度こそ大雪かと思えば、過ぎてみれば「積雪いまだ見ず」。降らない時は降らないものです。

そんな大荒れの連休最終日、することも無いままに上越市立水族博物館へ出かけてきました。
そこには新参者のフリソデエビなる変わったエビがいて来館者の目をひいていました。

振袖海老.jpg

ヒトデを食べるこのエビは体長2〜3センチの小さなもので、ツメの下部が垂れ下がり振袖のように見えることからこの名前が付いたようです。体色は白っぽい地に水色の水玉模様、よく見ないとエビにはみえません。

もうひとつ面白いのは、アカクツ。

あかくつ.jpg

こちらはまるで海底に座るカエルのようです。小魚を食べる、アンコウのなかまです。移動は足のようなヒレでゆっくり歩くそうで、海底でそんなのにお目にかかったらビックリするでしょうね。

by ライダーO

posted by 管理人 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報

2007年01月05日

ご来光

今年の新潟のお正月は珍しく穏やかな天候に恵まれました。

大晦日の夜7時過ぎ「元旦は晴れ」と天気予報で聞いてしまうと、いても立ってもいられなくなり、元旦4時起床で角田山へ登ってきました。

朝6時というのに稲島コースの駐車場は満杯。
日の出が拝める観音堂の前は大勢の登山者やカメラマンが今かいまかと待ち構えていました。
7時4分に太陽が顔を見せ、写真は7時6分です。

愛犬も泥だらけになりながら一緒に登ってきました。
朝9時には帰宅し、愛犬は正月早々朝シャンで〜す。

今年も愛犬連れて素敵な山へ出かけたいと思います。


ご来光.jpg

by さくら
posted by 管理人 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話

あけましておめでとうございます

今年は例年にない穏やかな正月を迎えました。昨年の大雪の正月がウソのようです。

県内の平場では雪はほとんど見ることが出来ません。

県内のスキー場はというと各地とも50〜70センチ、本音はもう少し雪が欲しいところですが、それでもなんとか滑走可能な状態です。

1月1日、好天に誘われてバイクの初乗りを楽しみました。
上越市の直江津海岸では、毎年恒例の「新春寒中水泳大会」が終了してしまい、サーファーが数人波間に浮かんで穏やかな波を相手に楽しんでいました。


バイク.jpg

by ライダーO
posted by 管理人 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・生活

2007年01月04日

明けましておめでとうございます

旧年・ヘ格別のお引き立てを賜り深く御礼申し上げます。
平素のご厚情を心より感謝いたします。
今年も皆さまにとって福の多い一年となりますようお祈り申し上げます。

本年も昨年同様、新潟毎日広告社及び当ブログを宜しくお願い致します。
posted by 管理人 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・雑記